横浜銀行カードローン審査の口コミ評判

横浜銀行カードローン審査の方法や口コミ・評判や金利、審査時間、即日融資などの特徴を紹介。

横浜銀行ロゴ 横浜銀行カードローン口コミ・評判による審査について

横浜銀行カードローンなら、アルバイト・パート・派遣でも借入可!低金利の年1.9%〜14.6%。収入証明書も不要(300万円までの借入)。最大1,000万円の借入可。ネット完結10分で申込完了!


横浜銀行カードローン審査の方法や口コミ・評判や金利、審査時間、即日融資などの特徴を紹介。

横浜銀行カードローンのスペック表

横浜銀行 ローンカード●商品名正式名称
横浜銀行カードローン


●登録番号
関東財務局長(登金)第36号


●契約する方
・年齢が満20歳以上〜満69歳以下の方。
・基本的に、毎月安定し継続した収入が見込める方、または、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方。収入証明書も不要(300万円までの借入)。
※神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市に住家もしくはお勤めの方
※保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
※横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取扱に同意される方


●利用する借り入れ限度枠
10万円〜1,000万円(10万円単位)



●借入年率
(実質年率)
5.8%〜14.8%
 ※実質金利は変動金利です。適用金利は金融情勢等で見直しされる可能性があります。


●利用限度額(繰り返し利用範囲額)
30万円〜300万円以下(10万円単位)


●使用用途
仕事用資金以外に利用になれます。


●借入方法
当座貸越


●契約期限
1年(1年毎の自動更新)
※満70歳以降は新たなの借入はできません、返金のみの取引となります。


●借り入れ金利
100万円以下 年14.6%
100万円〜200万円以下:11.8%
200万円〜300万円まで:8.8%
300万円〜400万円以下 6.8%
400万円〜500万円まで 4.8%
500万円〜600万円まで:4.5%
600万円〜700万円以下 4.0%
700万円〜800万円以下 3.5%
800万円〜900万円以下 3.0%
900万円〜1,000万円未満:2.5%
1,000万円 1.9%
※利息は変動金利です。金融情勢等により随時見直します。


●金利の計算方法
付利単位を100円とし、毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)に、その前日までの分について所定の利率・方法により利息を計算し、借入元金に組み入れます 。


●返済方法
1.定例の返済
定例返済日は毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)です。
前月の定例返済後の借入残高に応じて、以下の金額を当月定例返金日に特定の預金口座から自動的に引き落しします。
2千円まで:前月の定例返済後の借入残高
2千円〜10万円まで:2,000円
10万円〜20万円まで:4,000円
20万円〜30万円以下 6,000円
30万円〜40万円まで 8,000円
40万円〜50万円以下:10,000円
50万円〜100万円以下:15,000円
100万円〜150万円以下:20,000円
150万円〜200万円まで:25,000円
200万円〜250万円まで:30,000円
250万円〜300万円まで:35,000円
300万円〜350万円以下:40,000円
350万円〜400万円以下 45,000円
400万円〜450万円以下 50,000円
450万円〜500万円以下:55,000円
500万円〜600万円以下 60,000円
600万円〜700万円以下:65,000円
700万円〜800万円以下 70,000円
800万円〜900万円以下:75,000円
900万円〜1,000万円以下 80,000円
1,000万円以上 85,000円

※前月の定例返済日に借り入れ残高があり、かつ定例返済がない場合は、前月の定例返金日のお借入残高とします。
※2千円を上限として前日までの利子を含みます。

2.随時の返済
定例の返金に加え、横浜銀行のATM、コンビニ等に設置のセブン銀行、イーネットならびにローソン・エイティエム・ネットワークスの各ATMで随時返済ができます。
※イオン銀行のATMでは、返金はできません。
※ATMで返金の場合、現金のみの取扱いとなります。インターネットバンキング(〈はまぎん〉マイダイレクト)で返金の場合、返金指定口座からの返済となります。

3.一部返済
※横浜銀行またはコンビニ等のATM、インターネットバンキング(〈はまぎん〉マイダイレクト)で、元金を随時に返金できます。
※横浜銀行、またはコンビニ等のATMで返済する場合は「横浜銀行カードローン」カードが必要となります。
※随時に返済された場合も、定例返済の引落しがあります。
※ATMお取扱時間:平日0:00〜24:00(ATMによっては、取扱い時間と異なる場合があります。また、システムメンテナンスにより、24:00前後に使用になれない場合があります。)

4.全額返済
※横浜銀行のATM、インターネットバンキング(〈はまぎん〉マイダイレクト)で、元金と利息の全額が返済できます。
※横浜銀行のATMで返済する場合は「横浜銀行カードローン」カードが必要となります。
※コンビニ等のATMでは使用になれません。
※定例返金が済んでない場合、ATM・インターネットバンキングでの全額返済は利用になれません
※ATMでは、元金と利子の合計が100万円以下の場合のみ利用になれます。
※ATMお取扱時間:平日0:00〜24:00(ATMによっては、取扱い時間と異なる場合があります。また、システムメンテナンスにより、24:00前後に利用になれない場合があります。)


●約定返済額
返済元金に、1ヵ月間の利息をあわせた金額を、毎月返金いたします。

1.返済元金
ローン残高、利用限度額のいずれか高い額の1/120(最低返済元金)を下限とした金額 (10円単位切り上げ)。

2.元利金返済額
上記金額に利息を合わせた金額


●手数料
無料です(ただし、ATMご利用の際は、所定のATM使用手数料が必要となります)。


●担保・連帯保証人
担保・連帯保証人は要りません。


●提携信用情報機関
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/

 

横浜銀行カードローンTOP

 

 

たかが携帯、されど携帯。携帯料金をしっかり支払うことが、キャッシング審査に影響するんです。

横浜銀行 ローンカード 携帯電話が全国に浸透して、誰でも使っていることが普通になっています。
携帯電話会社の手法で「2年間は同じ携帯を使い続けてもらうかわりに、携帯料金を割り引く」という割引制度が使われているのはご存知のことかと思います。
ですがこのキャンペーン、信用情報に関与するご存知ですか?

このキャンペーンでは、購入した携帯の端末代金を2年に分割て、携帯{電話|]の利用代金と合わせて支払を行う方法となっています。
「携帯端末料金を{分割{払する」ということは、すなわちローンを使っているのと同じなのです。
ですから、携帯端末代の支払状態は信用情報として記録されるのです。
仕組みをよくわからないうちに利用料金と共に支払いをしているために、このことを知らない方が多いのが現状です。

携帯端末料金を分割払いしているにもかかわらず、
利用代を遅延させてしまったらどうなるのかおわかりでしょうか?
携帯の利用代に端末代が含まれている、と先程述べましたが、
延滞した場合はクレジットカードやカードローンの支払を延滞していることと同じなのです。

基本的には3ヵ月を越えて支払を行わないとと信用情報に記載されるとされており、
遅延の記録は5年間参照されてしまうのです。
こうなってしまうとカードローンやクレジットカードなど、
信用が関わる審査はその間は審査落ちする可能性が非常に高いことが予想されます。


ですから、「{利用料金を払わなかったとて、利用を止められるくらいでしょ?|たかが電話代を払わなかったぐらいで大げさな」
などと軽く見ずに、しっかりと支払を行うことが、日常生活でできる審査に落ちないための秘訣です。